お知らせ

2020/08/17

終戦記念日を迎え…

終戦記念日を迎え…

8月15日の終戦記念日に「浜松市戦没者追悼平和祈念式」に参列いたしました。

大型スクリーンで天皇のお声をお聞きし、安倍総理の平和への誓いを拝見し、平和

であることの大切さと命の尊さを改めて胸に刻みました。

私が生まれたのは、戦後わずか16年後。物心つく3~4才の時でも戦後20年。

しかし、私の記憶には、戦争の傷跡らしき思い出は一切ありません。高度成長期の中

家庭の中も地域も笑顔で溢れていた記憶しかありません。

生活空間の中には、出兵されていた方も大勢いたハズなのに……

今、改めて思い起こしてみると、日本人はなんとも強い。そして前向きな人種なんだなと

思います。

新型コロナウイルスにより、自由に外出できない。旅行に行けない。売り上げが下がった。

確かに不自由な生活を強いられていますが、戦争に比べたら本当にちっぽけな窮屈です。

それを我慢できずに、水商売の店に行く、カラオケで騒ぐ、東京や大阪に遊びに出かける…

戦後75年で日本人の心の強さ、謙虚さ、自制心は無くなってしまったのでしょうか?

東京で行われている安倍政権批判のデモを見ると、「安倍死ね」「金よこせ」など、これが

同じ日本人なのか?と疑うような汚い言葉・プラカードが飛び交っています。

戦火の中を潜り抜け、一丸となって日本復興のために汗を流してきた方なら、絶対にありえない

醜い姿だと思います。

私のように戦争の痛手を知らない世代だから、我慢もできない。不満も所構わずぶちまける。

自分さえよければ、地域も国のことも、そして相手のことすら考えない。そんな世代で日本が

埋め尽くされているのでは?とういう恐怖心にかられます。

戦争を美化するつもりは一切ありませんが、個人の思いを捨て、家族のため地域のため、そして

日本のために命を投げ打って戦った英霊が今の日本を見て、さぞや嘆いておられることでしょう。

今一度、日本の歴史を見直し、日本人の気概を見つめ直していただきたい。

私も、胸を張って毎日を送れるよう、改めて勉強を積み重ねてまいりたいと思います。

2020/08/01

活動報告【第5号】を発行しました

6月定例会のご報告を中心に地元ご要望の進捗状況をまとめました。

今年度は「建設委員会」として、地元河川や主要県道の改修などに取り組んで参ります。

地元で期待されている篠原地区の海浜公園(野球場を含む)につきましても、利用者の

声をしっかり反映する規模の野球場をつくります。本年9月に基本方針をまとめます。

左上【メニュー】から「☆活動報告」をクリックして下さい。

2020/07/20

熱海市でのクラスター感染

熱海市でのクラスター感染

熱海市のカラオケ店で県内初のクラスター感染が発生しました。

この感染で分かったことは、一つのグループが感染したのではなく、カラオケ店を利用していた複数の方が感染したという事です。

店内の除菌が完全でないと、後からその部屋を利用したお客にも感染するということ。

GO TO TRAVEL キャンペーンが始まろうとしている今、静岡県にも多数の観光客がお越しになると思われます。

観光施設の手すりやドアノブなど、警戒をしていただきたいと思います。→極力触らない。触った手で目をこすったりしない。

可能ならば、携帯のアルコール消毒を持ち歩いてください。

私は、今回のキャンペーンは時期尚早だと思います。宿泊業、旅客業の皆さまの経営が苦しいのは、承知しています。

1兆7000億円もの予算を使うのであれば、直接、赤字補てんをしてあげた方が効果があると思います。

(例えば、昨年の同月の売り上げの50%とか)全額保証は、他の業界でも新型コロナの影響で売り上げが落ちている業界は

多数ありますので、公平性の観点からも上限50%とし、後は融資枠の拡充で対応するのが妥当と考えます。

今回、東京都民はキャンペーンから外されることになりましたが、税の公平さから見ても、不公平感が残ります。

 

2020/07/02

明日は建設委員会

昨日で本会議の代表質問と一般質問が終わり、いよいよ明日から各委員会で付託議案の質疑が始まります。

私は幸運なことに建設委員会となりました。昨年は、危機管理くらし環境委員会で審議する傍ら、交通基盤局河川課の職員と

議論を交わし、馬込川河口の水門設置、馬込川の掘削工事の予算を前年7600万円から5倍に迫る3億4千万円もの予算を付けていただきました。

また、芳川の抜本的な河川改修もしていただける事になりました。そして、本年度は建設委員会の委員として、オフィシャルな場で馬込川・芳川

そして安間川の河川改修の後期日程・進捗状況・予算について議論をしていきます。

明日は、初めての質疑があります。概ね前半40分+後半40分の持ち時間の中で、いかに前向きな答弁をいただけるかが勝負。

先ほど質問書を提出しましたので、私の趣意は理解した上で答弁をしていただけると思います。(願っています)

県全体のインフラ整備、安全安心な生活のための改修はもちろん、地元である浜松市南区の皆さまの生活がもっと便利に快適になるよう精進して

参ります。道路、河川などについて、地域のご要望がございましたら、お気軽にご連絡をください。

2020/06/09

新型コロナウイルス感染者専用搬送車

新型コロナウイルス感染者専用搬送車

静岡県では、新型コロナウイルス感染の第2波に備え、医療体制の拡充を図っています。

①PCR検査拠点(ドライブスルーを含む)の拡充

②無症状・継承の患者の宿泊先の確保(東部・中部・西部でのホテル確保)

③医療従事者への二次感染防止策

これまで保健所では、感染の疑いのある方の搬送などを保健所の公用車に簡易な防護カーテンで

全席と後席を遮断して搬送。その後、車内を消毒して日常の業務にも使用するという過酷な状況

でした。

ホンダから1台、トヨタから2台の感染者搬送車輛(全席と後席の遮断を施した特別車両)の提供を

いたあきましたが、県内の保健所は9カ所あり、使い回し?でしか対応が出来ないとの事でした。

そこで、地元のスズキ株式会社へ車両の提供(無償貸与)をお願いしたところ、会長よりご快諾を

いただき、何と7台のエブリィワゴンをご用意していただきました。

今回のお願いについては、私が仕えていた「大岡敏孝」衆議院議員の強力な後押しのお蔭です。

さらに、この7台の車両の手配と感染防止の特別装備を施していただいたスズキ自販静岡の山田

社長にもこの場をお借りして感謝申し上げます。

これで、県内の保健所全てに感染者搬送の専用車両が配備され、職員の皆さまも安心して職務に

つけることと思います。もちろん、この車両が出動する機会が無いことを祈っています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...