お知らせ

2021/06/09

勝てば官軍 負ければ賊軍

勝てば.jpg

静岡県知事選挙も1/3を抜け、各陣営の動きにも拍車がかかっています。

「勝てば官軍 負ければ賊軍」と申しますが、地方自治においても、そうなのでしょうか?

これまでの川勝県政において、ふじのくに県民クラブは『知事与党』という言葉を使ってきました。

一方、自民改革会議は対立会派と位置づけられてきました。

この言葉が本当なら、議会で圧倒的過半数鵜を超える自民党会派は、全ての知事提出議案に反対すれば確実に否決することができます。

しかしながら、この2年で知事提出議案が否決されたことも無ければ、反対をしたこともありません。

逆に、ふじのくに県民クラブの要望を100%飲んだ施策が提出されているとも思えません。

では何故、静岡県議会において知事与党だの対立会派と色分けをされてきたのか?

何と言っても自民党に対する知事の態度がよろしくない。議会を尊重しない部分が垣間見れる点にあると思います。

いつからなのか、原因はどこにあるのかは分かりませんが(12年前からなのか最近なのか)、やはり知事は議会に議案を図り審議していただくのですから、

政党に関係なく議員の声は真摯に受け止めるべきだと思います。→ここについては、知事も本会議場で反省の弁を述べています。

では、新しい知事になったら、そこが期待できるのか?

ここが私にとって最大の判断基準になります。

選挙後はノーサイド。自民もふじのくにも分け隔てなく耳を傾け、広く県民のために汗を流し知恵を絞り、職員に的確な指示を出せるのか?

正直、そうは行かないと思いますが…

様々なマスコミのアンケートで、優先してもらいたい政策や問題解決4が示されていますが、知事がやるのか議会(議員)が行政を動かすのか。

つまりは、知事が変わったら何もかもが変わり県民の皆さんの希望が叶うわけでもないし、議会がしっかり審議をする。進めるべきは加速させ、

疑問・不安のあるものは勇気をもってブレーキをかけることが必要だと思います。

国政は「勝てば官軍 負ければ賊軍」かも知れませんが、地方議会は「勝っても負けても賊軍であれ」だと思います。

2021/06/01

静岡県の教育環境について

今回の静岡県知事選挙では、両陣営とも教育について多くを語っていませんが(スローガンだけ?)静岡県の教育テーマは「有徳の人」であり、IoTやAI 等をはじめとする技術革新が一層進展し、社会や生活が大きく変化する時代にに「共に生き抜く力」を身に 付けさせることが重要であり、『有徳の人』の育成」を基本目 標としている。確かな学力を向上させるための「知性を高める学習」の充実はもとより、農 林水産業・工業・商業をはじめスポーツ、芸術等の様々な分野において自らの 才能を伸ばす実践的な学問としての「技芸を磨く実学」の奨励にも積極的に取 り組みます。また、グローバル化が急速に進展する社会において、豊かな国際 感覚とコミュニケーション能力を持ち、世界の中の日本、そして静岡を認識し、 活躍できる人材の輩出を目指し、高校生や教職員の海外体験を推進するととも に、社会問題になっているいじめ・不登校や子供の貧困問題等の解決に向け、 社会総がかりでの教育を実現してまいります。

と、教育委員会はご立派な事を述べていますが、この10年、静岡県の教育(学力)レベルに変化はありませんし、ICTだAIだと言ってる割には、未だ生徒にタブレットがいきわたっていない学校もあります。本年度からスタートするIT授業に対応できるよう県としては全力で市町を支援します。今年の2月議会において私の一般質問に答弁していたのに、タブレットが配布されていない学校があるなんて、論外!です。

耳触りの良いスローガンを掲げ、実際には何も機能していない現場があることは、極めて残念であり、教育長の責任は大きい。

全国的に見てもワーストに入る教員の不祥事とともに、抜本的な教育手法改革を提案していきたいと思います。

2021/05/21

5月臨時会が開会されました。

5月臨時会が開会されました。

昨日、令和3年度5月臨時議会が開会され、新型コロナ対策などを盛り込んだ総額331億6800万円の補正予算案を全会一致で可決しました。

今回の補正予算を受け、令和3年度の一般会計予算の総額は、1兆3518億8200万円となっています。

今回、私が注目した補正予算案は…

①湖西市の飲食店に対する時短営業要請と協力金の支出→湖西市では新型コロナの感染が拡大をしており、湖西市からの要請がある前に県の専門者会議で早期の措置を講じた方が良いとの結論に至り、県から湖西市に時短営業の要請を打診し、湖西市が応じていただきました。→これまで県の対応は市町任せの感が強かったのですが、今回は県が主導して早期の感染抑制策を講じたことを評価しています。

②飲食店・宿泊施設に内する「ふじのくに安全・安心認証制度」の創設です→ます飲食店や宿泊施設が感染防止対策(換気扇の設置など)に対する助成を行い、全県下あげて感染防止策を向上させること。そして安全対策を施した事業者に対し、確認を行ったうえで、「県が安全認証のお墨付き」をつけることで、事業者・消費者ともに意識が向上すること。※この事業で私が最も評価する点は、この認証作業(店や施設を訪問し対策の実施を確認する)を民間の団体などに委託する事です。これは、良好代理業や各業界の組合・協会に委託することにより、飲食・宿泊業以外でコロナにより売り上げが落ち込んでいる業界に対し、委託を行い、お金を世の中に回すという経済対策にも貢献するからです。(認証予算は83億円で全額国庫支出金)

新型コロナの感染防止対策において、ワクチン接種体制や患者の受け入れ態勢の強化充実は最重要ですが、同時に経済を動かす工夫も大切です。

現在、県内の新型コロナの状況は、西部地区が最も注視されています。

どうか、住民の皆さまにおかれましては、再度、感染防止を徹底し、日常生活においても慎重な行動をお願いいたします。

2021/05/19

慎重に…

足.jpg

土曜日の午後、段差を踏み外し「オットット」となった時に右足のアキレス腱を痛めてしまいました。

その時は何ともないと思っていたら、1時間後に激痛。歩行困難。

日曜日~火曜日までまる3日間、動くに動けず活動停止。5月臨時会の大切な議案説明も電話でのやり取りをお願いしてしまい、大変申し訳なく思っています。

踏み外した時に転ばなかった事は良かったのですが、反射神経・機敏性の衰えなんでしょうね。あ、柔軟性も低下してる証拠ですね。

3月に還暦を迎え、「笑いながら、おじいちゃんだから」と言っていましたが、本当におじいちゃんになったなぁとションボリ。

人生100年時代と言われていますが、100年生きるのと100年楽しめる事は大違い。もちろん、それは身体の機能だけではなく、感性や心がどうあるかも大切ですが、

やはり思うように体が動くに越したことはありませんね。

最低限の体力と反射神経は維持できるよう、運動をしていかなくちゃ!と痛感した3日間でした。

お陰様で、今日は階段の上り下りも痛みを感じなくなりました♪

2021/05/12

ホームレス…

先月、ホームレスに対する全国調査が行われました。

平成29年調査結果5534人(静岡県92人)から年々減少し、本年では3824人(静岡県49人)と

なっていますが、新型コロナウイルスの影響により増加に転ずるのではと危惧をしています。

県内のホームレス確認者数49人のうち、静岡市11人・浜松市11人・富士市9人・沼津市8人と

都市部に集中しています。(食料や寝床の確保が比較的容易なためと推測されます)

自立を惻隠するために、①生活困窮者自立支援制度として、一定期間、衣食住の提供を行い、支援員が相談を受けて自立のためのプランをり、就労に向けての基礎能力をつける手伝い。

などを行っています。

しかしながら、ホームレスの方には2種の方がいます。

①生活に困窮しやむを得ずホームレスになった人

②いわゆる「世捨て人」として社会との関係を自ら断ち切ってしまった人

この②に該当する方を社会としてどうつながりを持ち、支援をしていくのかは、とても難しい問題であり

行政も対応に苦慮してるのも現実です。社会との関係を断ち切りたいと思う前の防御策も多岐に渡っているでしょうから…

やむを得ずホームレスとなってしまう人をつくらない社会の構築と、しっかりした救済措置を講じることはもちろんですが、

根底は、政府が、全ての国民が明日に希望を持てる社会を目指しているという強いメッセージとそれを感じられる政策を打ち出していくことだと思います。

皆さまの地域で、ホームレスの方を見かけたら、まず行政に相談をお願いいたします。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...