あなたの声と県政を結ぶ
山本たかひさ

皆さま、はじめまして。
静岡県議会議員【浜松市中央区(旧南区)選出】
山本たかひさ です!
 053-424-7735
お問い合わせ

お知らせ(ブログ)

2023 / 11 / 27  09:37

農業と刑務作業と自給率と自立

日本の農業は危機的な状況です。

特に稲作は高齢化と米価の値下がりにより廃業・荒廃地が急増しています。

2040年には国内のお米の生産が需要に追い付かなくなるとの予測です。

農水省では、さらなる大規模耕作と機械化によって補えるのでは?とコメントしていますが、そもそも日本は外国のような大規模耕作を行う土地がないし、米作の4割は山間地の棚田(または準ずる小さな田んぼ)とのことです。

条件の良い平地に荒廃地が広がっているのは、なんとも勿体ないと思います。

米農家さんの収入も20年前を比較すると、約4割も減ってしまい、専業のコメ農家さんは生活も成り立たないのが実情のようです。

日本の主食である米を守るためには、自由市場の価格に対して差額を政府が保証する制度(昔は全量買い上げでしたよね)を早急に創設すべきだと思います。

その上で、米作の担い手不足を補うために、希望する受刑者の刑務作業に米作を設け(刑務所外の作業となるので軽犯罪者限定)稲作を手伝いノウハウを身に着けていただき、出所の際に希望者には荒廃地を格安で貸し出して稲作農家として自立してもらう。

このくらい、大胆な政策を法改正も含め検討する国会議員はいないのでしょうか?

林業従事者も同様に受刑者を動員することは出来ないのでしょうか?

受刑者の多くは服役~出所しても、なかなか就職が決まらなかったり、もともと社会や組織との深いつながりが苦手な方も多いとお聞きします。

服役中に稲作を初めとした農業や林業を学び、出所後は農業や林業で自立していただく。組織に管理されるサラリーマンより苦手な人間関係の負担も少なく、自営業なので頑張った分しっかりした収入につながります。

日本の食料自給率の30%以上は、お米なのです。この米作が衰退すれば、ますます自給率も落ちることは間違いありません。

日本の安い最低賃金では外国人労働者の確保もままなりません。実際、ベトナム・中国・インドネシアの方たちは、日本を選択せず、ヨーロッパに職を求めて渡航しています。

少子化も歯止めがかからない。賃金も上がらない。社会保障費は増大し、現役の負担は増え続ける。この状態を引きずりながら日本の将来が明るくなるとは思えません。

今の政治家は50年先の日本を想像できているのでしょうか?

2023 / 11 / 20  09:55

保守だと思っていましたが…

天皇.jpg

私はこれまで生活スタイルも政治理念も「保守より」だと思っていました。

ですから、極左の人たちの主張や思考回路は全く理解できませんでした。

ところが、SNSに流れてくる「自称保守」の人たちの主張や相反する主義の方たちへの批判(攻撃)を見ていると、「保守って何なの?」と自問自答。

最近話題の日本保守党の主張、党首や幹部の発言の汚さ、異なった意見に全く耳を傾けない態度…と自分たちこそが真の保守という自負を見ていると、「あー、私は保守ではないな。保守と思われたくもないな。」と感じます。

これまで意見や主義の異なる人のお話も「あー、そんな考え方もあるんだなぁ」と否定はしてこなかったつもりですし、改革の流れも嫌いじゃないし、日本も世界も人類は新しい考え方を確立し世界平和を守っていく必要があると思うし、

中国や韓国の政治手法は嫌いだけど、中国人や韓国人に個人的に受け付けられない人もいないし…

ということで、私は本日から自分を「中道リベラル」と位置付けます。

日本の文化風習や歴史は重んじますが、思い切って変えるべきこともあります。

「先祖代々の云々」と「夫婦別姓」は両立できると思いますし、家族の絆うんぬんは夫婦別姓というより教育の仕方に問題があるのでは?

LGBTはぜんぜん認めます。差別なんてあってはいけないと思いますが、生活の様々なシーンで区別は必要。

天皇家の男系男子は、どうにも続かなくなるまで守ってほしい。今から議論を始めるのは拙速だと思ってる。

政治的に対立する共産主義国とも経済では連携・協力は必要不可欠。

あ、やはり中道なんですね。

 

2023 / 11 / 16  11:33

ホストクラブの犠牲者?

ホストクラブ.jpg

立憲民主党が悪質ホストクラブの規制に乗り出しました。

全国に約1000店舗あるホストクラブ。

悪質な店もあれば良心的な店もあるのでしょうが、水商売であり接客業であることは間違いない。

男性が行くキャバクラやクラブと同じです。

高級クラブもホストクラブもシャンパン開けたらウン万円、ドンペリ開けたらウン十万~100万円!

私は居酒屋と近所の割烹しか言ったことがないので、マスコミ情報でしか認識はないのですが…

友人や知り合いでキャバクラにはまって月に何十万も使っていたリッチな人もいましたが、借金が膨らんで自己破産という悲惨な友人や知り合いはいません。

要は、自分次第=自制心だと思うのです。

酒と快楽におぼれた挙句に、借金が膨らみ風俗や売春を行う。←この時点で被害者意識が芽生える?????

これを法律で規制できるのでしょうか?風営法で定められている接客業の子売単価の上限を法律で決めることなんて出来ないでしょ?

原価1万円のウイスキーを10万円で売ろうが100万円で売ろうが自由なのが資本主義。

サントリーの山崎(でしたか?)などは、一般市場でも100万円とかで売買されている現実があるのですから。

キャバクラで豪遊して借金が膨らんでしまった男性には何の問題も呈していないことも疑問。

もう一度言いますが、欲望と自制心の駆け引きは本人の頭の中でのみ成立する戦いなのです。

大切なのは、法律で規制するのではなく、こういった世界に溺れないようにする教育ではないでしょうか?

2023 / 11 / 08  13:19

熊のこと

熊のこと

北海道~東北をを中心に熊の被害が相次いでいます。

市街地に迷い込んだり、人に危害を加えたりした熊を駆除することに対し、愛護団体のみならず全国から行政に批判や中止要請の電話やメールが寄せられています。

熊が可哀そう。=はい。可哀そうだと思いますが、人里に来てしまった以上、人に危害を加えるので駆除するしか方法がありません。

熊は悪くない。=はい、。悪くないです。そもそも熊には故意に人を傷つけてやろうといった動機はありません。食うか食われるか野生の本能と食にありつくけるか否かしかないのです。

今年はドングリを初めとした山の木の実が極端に少ない事と、熊の個体数が増え続けていることが原因で、食べ物を求めて人里(市街地までも)に出没しています。

ヘリコプターで山にドングリを蒔けとか、捕獲したら山に返せと言った意見もありますが、非現実的であり、後者はえさを求め再び人里にやってきます。

まず、山の環境の中で共存できる個体数に減らすことが、喫緊の保護につながる(人里に来なければ駆除されない)と思っています。

もとはと言えば、人間が山を切り開いてきたとのご批判も間違いではありませんし、広葉樹を伐採して針葉樹を植樹してきたことも原因の人るでしょう。

でも、人が生活を営み経済活動をする上で致し方ないことだったと思いますし、山や森のの無い都会や平地にお住まいの方に、そこを責める権利はないとも思います。

あなたの目の前に熊が現れたら、あなたやあなたの家族が熊の被害にあったら、、、

少しだけその恐怖を想像してみてください。

野生の熊は、プーさんでもくまモンでもありません。静岡県でも富士市に熊が出没との情報もあります。

行政は批判を恐れず、的確かつ迅速な駆除をお願いいたします。

2023 / 11 / 03  09:34

文化の日

文化.png

今日は文化の日=自由と平和を愛し、文化を進める国民の日。

では文化とは何を指すのでしょうか?

文化=①生活水準が高まっている状態 ②技術を通した人類の理想の生活様式

残念ながら、今の日本の生活水準は高まっているとは思えませんし、物価高騰や重税で実質賃金も生活水準もどん底だと思います。

人類の理想を追求する技術革新は行き過ぎたのか、逆にまだまだ未熟なのか、自然と共存する理想の生活様式には程遠いと感じます。

これまで人類は様々な技術革新により、豊かな生活便利な生活を追求してきました。地球上だけでは気が済まず月や火星といった宇宙にまで手を伸ばしています。

縄文時代や弥生時代と比較するつもりはありませんが、近代社会の明治大正時代と令和の時代を、日常生活における豊かさはどのくらい向上しているのでしょうか?

少なくとも私が生まれ育った昭和30年代40年代50年代の高度成長期~バブル前の20年間が、心豊かな生活だったと思うのです。

携帯電話もインターネットもありませんでしたが、交通は新幹線に飛行機と時短移動は十分可能でしたし、一生懸命働けばマイホームにも手が届き、共働きをしなくとも何とか生活ができました。

バブルで日本人の生活や人生に対する価値観が大きく変化し、バブル崩壊で変化した感覚が打ちのめされた。世の中も自身の行動も全否定の脱力感を感じた方も多かったと思います。

衝撃があまりにも大きかったので、なかなか立ち直ることもできない間にリーマンショックを経験し、ようやく日本は超資本主義から新しい資本主義へと舵を切り始めました。

しかし、ここにきての燃料費や物価の高騰とデフレからインフレに変わったものの、実質値上がりしていない給料とのバランスが大きく崩れてしまっています。

高額所得者からの税徴収を増やし、低所得者の税徴収を減らすことも必要かもしれませんが、低所得者の所得をあげる=最低賃金の値上げと企業が給料を上げることが大切だと思います。

普通に真面目に1日8時間、月に20日間働けば、年収400万円(ボーナス込み)は確実に支給される職場にならなければ、現在の物価に追いつくことはできません。

政府は賃上げのために経営が苦しい中小企業への支援策も打ち出していますが、現実はなかなか難しいようです。

零細企業は燃料や材料高を価格転嫁できずにますます経営が苦しくなり、じり貧となってしまっています。=こうして弱い企業は淘汰されていくのでしょうか?

不満と不安しか感じられない今日の日本。世界情勢もますます危ない。

今日は穏やかに「文化的な生活・文化的な日本の在り方」を考える日にしたいと思います。

 

1
2024.05.20 Monday