あなたの声と県政を結ぶ
山本たかひさ

皆さま、はじめまして。
静岡県議会議員【浜松市中央区(旧南区)選出】
山本たかひさ です!
 053-424-7735
お問い合わせ

お知らせ(ブログ)

2021 / 05 / 21  09:04

5月臨時会が開会されました。

5月臨時会が開会されました。

昨日、令和3年度5月臨時議会が開会され、新型コロナ対策などを盛り込んだ総額331億6800万円の補正予算案を全会一致で可決しました。

今回の補正予算を受け、令和3年度の一般会計予算の総額は、1兆3518億8200万円となっています。

今回、私が注目した補正予算案は…

①湖西市の飲食店に対する時短営業要請と協力金の支出→湖西市では新型コロナの感染が拡大をしており、湖西市からの要請がある前に県の専門者会議で早期の措置を講じた方が良いとの結論に至り、県から湖西市に時短営業の要請を打診し、湖西市が応じていただきました。→これまで県の対応は市町任せの感が強かったのですが、今回は県が主導して早期の感染抑制策を講じたことを評価しています。

②飲食店・宿泊施設に内する「ふじのくに安全・安心認証制度」の創設です→ます飲食店や宿泊施設が感染防止対策(換気扇の設置など)に対する助成を行い、全県下あげて感染防止策を向上させること。そして安全対策を施した事業者に対し、確認を行ったうえで、「県が安全認証のお墨付き」をつけることで、事業者・消費者ともに意識が向上すること。※この事業で私が最も評価する点は、この認証作業(店や施設を訪問し対策の実施を確認する)を民間の団体などに委託する事です。これは、良好代理業や各業界の組合・協会に委託することにより、飲食・宿泊業以外でコロナにより売り上げが落ち込んでいる業界に対し、委託を行い、お金を世の中に回すという経済対策にも貢献するからです。(認証予算は83億円で全額国庫支出金)

新型コロナの感染防止対策において、ワクチン接種体制や患者の受け入れ態勢の強化充実は最重要ですが、同時に経済を動かす工夫も大切です。

現在、県内の新型コロナの状況は、西部地区が最も注視されています。

どうか、住民の皆さまにおかれましては、再度、感染防止を徹底し、日常生活においても慎重な行動をお願いいたします。

2024.05.21 Tuesday