あなたの声と県政を結ぶ
山本たかひさ

皆さま、はじめまして。
静岡県議会議員【浜松市中央区(旧南区)選出】
山本たかひさ です!
 053-424-7735
お問い合わせ

お知らせ(ブログ)

2020 / 10 / 11  10:38

オーナー社長と雇われ社長

オーナー社長と雇われ社長

こう書いてしまうと、決めつけているとお叱りを受けそうですが…

オーナー社長は、自分の思いを成し遂げるために腹心を周囲に配置して組織を

強引に動かしていきます。

一方、雇われ社長は自分の任期期間中にミスをしないように万全の注意を払い、

業績維持に努めます。

※最近では大抜擢された雇われ社長が大ナタを振って改革を行い、売り上げを

V字アップさせる良い事例も沢山ありますが。

これまでの歴代総理を振り返ってみますと、可企業の社長と同様、派閥の談合で

総裁を決めていた時代の総理=内閣は、まさに事なかれ主義で世間の批判を恐れ

思い切った改革を行いませんでした。

自民党政権も、小泉純一郎(良かったかは別として)以来、安倍さんや菅さんは、

派閥の談合をぶち破り総裁=総理になりました。

当然、組閣もある程度の派閥への配慮はあるものの、信頼できる人物を閣僚に指名

しています。これは、自分の政策を成し遂げるためのベストな方法だと思います。

ここで重要なのは、信頼を置く人間は必ずしもYESマンではない事に留意して選抜を

しなくてはなりません。

私は地方議員なので。静岡県知事に目を向けてみますと、知事直轄である総合政策課、

財政課、知事戦略課、広報広聴課、地域外交局の長はYESマンで固められているように

見えてなりません。

知事が言いたいことを言う。やりたいことをやる。その度に火消をし、議会やマスコミ

対策に追われているように感じるのです。

そんなパフォーマンス型の首長に振り回されている自治体は少なくないのでは?

これは、議会の責任も重大です。

選挙の際に首長を応援した政党(会派)は常に首町の擁護に回り是々非々の議論を

行わない傾向にあります。市長与党だとか知事与党なんて言葉が出るのは、おかしい!

地方行政は「二元代表制」であり、首長(行政史kk峰部)対 議会があるべき姿であり、

是は強力に後押しをし、非はしっかりと正すべきが議会の責務です。

同室の無所属議員と色々な話をしますが、お互いフリーハンドで常に是々非々です。

全員部所属、全員協議会で議会内の議論を活発化させることこそ、議会活性化の第一歩

だと信じています。

イデオロギーや政治理念を超えて、地域や県民のためになるか否かを正々堂々と論じる

議員になれるよう、精進してまいります。

2024.05.20 Monday