お知らせ

2019/10/10

本日9月議会が閉会しました

リニア.jpg

本日の本会議において、各委員会委員長より付託の9月補正予算・

追加補正予算の審議内容と採決の報告があり、一部意見を付けて

全ての議案に賛成多数で採択されました。

今回の補正予算は81億2千万円と大型のもでした。

主には、道路や河川改修のインフラ整備への予算でしたが、本来

補正予算とは、突発的かつ緊急の事業に対する追加予算なので、

今年度の当初予算に計上してしかるべき事業もあり、議会としては

計画性のある事業施行を行うよう意見を付けました。

私の所属する「危機管理くらし環境委員会」でも

☆防災総合アプリ「静岡県防災」多言語化事業に「1,300万円」

☆防犯まちづくり推進事業に「1,620万円」

☆豚コレラ対策に「5,230万円」

☆水産資源の分析、調査体制の強化に「1,350万円」

など、第127号・132号・136号・149議案の審議と

危機管理部、くらし環境部の行っている事業、計画について

質疑を行い、各事業の進捗状況や計画の有効性を審議いたしました。

私は主にリニア工事について質問を行った結果、重要な事実が判明。

湧水量の算定にも科学的根拠がなく、調査ボーリングの必要性を確認。

   現時点でJR東海が回答しているトンネル工事における湧水量には

 正確な事前ボーリング調査に基づいた科学的根拠がない。

 

②愛知県名古屋市の侵入口工事において、大量の地下水が流出し、昨年の

 12月から工事がストップし、再開の目途は立っていない。

 また、岐阜県の日吉トンネル工事では、切削度の中から重金属(ウラン)

 が発見され、処理方法について問題視されている。新名古屋駅予定地の

 用地買収も進んでいない。と、工期が遅れる原因は静岡県以外にも沢山

 ある。 

☆天竜川の上流である長野県の工事個所においてもヒ素を含む重金属の鉱脈

があることが分かっている(他の地層研究所の予測)から、長野県での工事も

注視していかなければなりません。

何故、国もJRもリニア中央新幹線を急ぐのか?

日本のリニア技術(超高速鉄道)が世界から見放され始めこのままだと

ガラパゴス化(初期の携帯電話のように)してしまうからです。

なので、1日も早く開通しその速さと安全性を世界にアピールし、世界に

営業をしたいのです! と私は考えています。(話がそれました)