あなたの声と県政を結ぶ
山本たかひさ

皆さま、はじめまして。
静岡県議会議員(浜松市南区選出)
山本たかひさ です!
 053-424-7735
お問い合わせ

お知らせ

2022 / 05 / 17  16:23

浜松市ごみの有料化

浜松市ごみの有料化

浜松市がごみの有料化に向けて検討をしています。

【浜松市の言い分】は、有料化は、ごみ減量施策の一つとして検討をしています。環境省の手引きによれば、ごみ排出時に費用負担を軽減しようとする動機づけが生まれ、ごみの排出抑制が期待でき、将来的な処理施設の規模の縮小や最終処分場の延命化、温室効果ガスの排出抑制に寄与するとされています。また、ごみの排出量に応じた手数料負担とすることで、負担の公平性が図られるとの考え方もあります。

といいつつ、一方では有料化制度は、ごみの排出量に応じてごみの処理費用の一部を負担していただく制度です。有料化を導入した場合は、今まで税金で賄っていたごみ処理費用に一部に手数料を充てることによって、福祉など他の分野に税金を充てることも可能となり、市民サービスの低下や悪化にはつながらないと考えます。

ごみの処分代を浮かせ、福祉に回すことを有料化の理由に挙げています。

いったい、どっちが目的なんですか?

私たちは市民税を払っていますので、生活から出るごみの処分は行政サービスとして行うのが大前提だと思います。

ゴミ袋が浜松市指定のゴミ袋で有料となっています。→これは有料化ではないのでしょうか?

この疑問に対しては、現在の指定ごみ袋の制度は、市が袋の規格(大きさ・色・厚さ等)のみを定め、製造事業者の袋を認定し、事業者に自由に販売してもらうものとなっております。

は?何のために大きさ・色・厚さを指定する必要があるのでしょうか?

しかも袋の売り上げは浜松市には関係ないとなると、ますます何のための指定袋なんでしょうか?

そしてそして、有料化を実施する場合は、新しい指定袋を製造することになります。現在の指定袋についても引き続き有効利用できるよう検討します。

新しい指定袋→有料化で入れるごみによって費用が変わる?でもって現在の指定袋も使えるとなると費用改修方法は超複雑化しませんか?

市民の意見聴取まで進んでいるとなると、有料化はほぼ確定。内部では費用設定の検討段階に入っているでしょう。

2024.02.24 Saturday