あなたの声と県政を結ぶ
山本たかひさ

皆さま、はじめまして。
静岡県議会議員【浜松市中央区(旧南区)選出】
山本たかひさ です!
 053-424-7735
お問い合わせ

お知らせ(ブログ)

2019 / 11 / 14  10:01

交渉事の難しさ

交渉事の難しさ

事案は、リニア新幹線のトンネル工事についてです。

リニアのトンネル工事に伴う、環境評価書に対する環境大臣の意見は、

本事業により相当な環境負荷が発生。低炭素・循環・自然共生が

 統合化された社会に向け、環境保全について十全な措置を行うことが

 本事業の前提。

土地の改変は必要最小限とし、環境影響の回避・低減に必要な措置、

 モニタリング、事後調査を適切に実施。

工事期間が長期にわたることから、状況の変化を踏まえ、評価項目を

 再検討し、追加的な調査予測及び評価を行い、適切な措置を講じる。

地下水位や河川流量について、精度の高い予測を実施、影響を最小限化

 する工法を採用。

湧水については、水質、水量等を管理し、適正に処理。湧水を放流する

 際には、表流水への影響を回避・低減すべく、できるだけ多地点で放流。

南アルプス国立公園及び拡張予定地の影響をできる限り回避し、

 ユネスコエコパーク登録申請地の資質を損なうことがないよう配慮

                           【一部抜粋】

などの意見に対して、JR東海は、具体的な対策を提示していない又は実現

不可能な回答を出していることが、静岡県が本体工事の開始を認証しない

唯一の理由です。

但し、東京~大阪間の関係都府県はリニアの新駅を設置することから地域

への大きな経済効果が見込まれるので、当初の予定通り2027年の開業を

望んでいます。

我が静岡県は通過するだけなので、経済効果も何もなく、環境を破壊され

た上に大井川の水量が減ってしまったら、大被害どころか流域に暮らす

60万人の皆さんの生活が成り立たなくなる恐れもあるということで、慎重

に慎重を重ねた議論が行われています。

ここで、問題なのは、静岡県と他関係都府県との立場の違いです。

経済効果を期待し、早期開通を願う他都府県の理解と協力を得ずしてJR東海

や国との交渉は上手くいきません。

これまで、川勝知事は、・愛知県知事との言い合いやJRに地域振興を持ち

かけたり、国交省と文書の扱いを巡っての相違、挙句の果てには三重県知事

まで余分な情報をリークして怒らせてしまう始末。

川勝知事は、首長として「水と自然を100%守るのか」「自然破壊の代償と

して地域振興策(お金)か静岡空港地下駅?を勝ち取るのか?

方向をはっきり示すべきです。思い付きや憶測で、発言が二転三転し、結果

JR・国交省・他都府県の関係者全てを敵に回すことになっていませんか?

リニアについては、今後の行く先をしっかりと見続け、2月議会で川勝知事に

私の疑問や見解をストレートにぶつけるつもりです。

2024.04.17 Wednesday