あなたの声と県政を結ぶ
山本たかひさ

皆さま、はじめまして。
静岡県議会議員【浜松市中央区(旧南区)選出】
山本たかひさ です!
 053-424-7735
お問い合わせ

お知らせ(ブログ)

2019 / 10 / 04  08:44

静岡県自転車条例第2弾が施行されました

zyourei.jpg

静岡県自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例

「静岡県自転車条例」の第2弾施行として、10月1日より

『自転車の保険加入の義務化』が施行されました。

罰則規定はありませんが、何故、静岡県がこのような義務化を

明記した条例を施行したかを考えてみてください。

昨年の県内での自転車事故(警察が介入したものだけで)は

3,992件と毎日10件以上の自転車事故が起きています。

負傷者数3,902名。死亡者は19名と他人事ではありません。

事故を起こす年齢層は、10代(特に高校生)お亡くなりになった

年齢層は65歳以上が68%の13名となっています。

つまり、高校生は自動車やバイクの運転免許証を持っていない方が

ほとんど。→交通法規や安全運転に対する意識が薄い。

自転車の危険行為(信号無視や一旦停止)で注意を受けた件数も

10台が322件。そのうち高校生が250名超となっています。

逆に歩行者のお年寄りは、予測力も判断力も瞬発力も落ちているので

自転車と衝突指しそうになった時に避けられない。ぶつかった時に

大きく転倒し、ダメージも大きいということです。

歩道を歩いている方に、自転車が後ろから衝突し、歩行者が転倒。

頭を打って死亡。この場合、自転車の運転手は業務上(自転車を運転する

業務)過失致死として、実刑と賠償金の支払いが生じます。

特にスマホを見ながら、音楽を聴きながら、友達と並んでお喋りを

しながらの事故では、自転車側が100%の過失を負います。

判例によると、65歳の方が亡くなった場合の賠償金は4900万円。

これに慰謝料などの和解となると、莫大な賠償をする責務が生じます。

どうか、未成年の親を持つ保護者の皆さんは、お子様の自転車に保険を

かけてください。年間2800円ほどです。家族型なら4160円。

緊急を要する事態から生まれた条例でございますので、どうか保険に

加入するようお願いいたします。

2024.06.25 Tuesday