あなたの声と県政を結ぶ
山本たかひさ

皆さま、はじめまして。
静岡県議会議員【浜松市中央区(旧南区)選出】
山本たかひさ です!
 053-424-7735
お問い合わせ

お知らせ(ブログ)

2024 / 07 / 04  09:02

大阪万博への出展をめぐり…

大阪万博への出展をめぐり…

所属する産業委員会で、大阪万博への出展事業に対する質疑を行いました。

5390万円の使途として、企画料=800万円、設営料=1500万円、VRなどの映像関係=1300万円との答弁。

茶畑とワサビ畑を見る約5分間のVRは最大5人が同時視聴とのこと。

5人×12回(1時間)×8時間×3日間=1440人(交代時間を含まず、途切れることもない最大人数)としても@9027円

一人1万円をかけて茶畑とワサビ畑のVRを見せてどんな効果があるのか?との質問に明確な答弁はありませんでした。

さらに、対象者数の9000人の根拠は?との質問にミラノ万博に出店した際の来場者をもとに設定したとの答弁。

ミラノと大阪では、日本人・外国人の比率も大きく異なるし、静岡県への来県や買い物を推進する意気込みが感じられない。

総事業費5390万円+ブース代75万円÷ブースへの来場者9000人=@6072円もかけての予想経済効果は?の質問にも明確な答弁がありませんでした。

討論の際に、「討論というより提案ですが、鈴木知事の所信表明では①経営感覚とスピード感を持った行政運営②税金は無駄にしない③最小の経費で最大の効果を上げる行政とされていたが、この事業はおおよそかけ離れていると感じる。

予算額自体は2月定例会で当初予算として決議しているので、減額は求めないが、予算額に見合った事業内容の再考と波及経済効果の設定を求めたい」と発言をしたところ、大石健司委員長より、山本委員の発言は重く受け止め委員長報告に盛り込んでいただけることとなりました。

さらに昨日の報道では鈴木知事も「高すぎる」とお怒りの様子だとのことですが、6月12日に鈴木知事は記者会見で大阪万博出展と事業内容を発表しているので、容認していたと捉えられてもしかたないとも思います。

さらにさらに、この予算は2月議会で議決されましたが、その時点での事業説明は「日本茶のおもてない、VRなどを使った食の紹介」程度で具体案は何も記載されていませんでした。

→これでは、昨年度の産業委員会でも質問のしようがなかったのかなと感じます。

まてよ?その時から5390万円という何とも中途半端な金額が提案されていたのですから、項目ごとに見積もりを取って積算したハズですよね?なぜに2月議会の議案は、曖昧な事業展開案しか記載しなかったのか?

【結論】何をやるか決めてないけど、とりあえず出店しよう。ほかの行政や過去を参考に5390万円で計上してみましょう。予算が通ったので、消化できるよう代理店に丸投げした事業展開案が6月議会ででてきた。

そんあ邪な想像をしてしまうようなお粗末な事業案なのです。

2024.07.23 Tuesday